日本ホームインスペクターズ協会

メニュー

会員専用ページの
ログインはこちら

日本ホームインスペクターズ協会

ホームインスペクターとは
ホームインスペクションを利用したい
ホームインスペクターを検索
ホームインスペクターになりたい
協会について
入会のご案内
お問い合わせ

【JSHIロゴマーク】

JSHI ロゴイメージ

1色刷り/ブラック100、DICカラー185 4色刷り/C91 M73 Y0 K0

 

【目的】

第1条
この規約は、特定非営利活動法人日本ホームインスペクターズ協会(以下「本協会」という。)のロゴマークを定め、このロゴマークの適正な使用を促し、消費者の利益保護とストック住宅活用社会に寄与することにより、本協会および本協会会員ホームインスペクターの名誉を守り信頼を向上させることを目的とする。

 

【使用対象者】

第2条
本協会のロゴマークは以下の各号の者に限り使用できる。
(1) 本協会の認定会員 実務登録者(正会員)
(2) 本協会の認定会員 実務未登録者(正会員)
(3) 本協会の一般会員(正会員)
(4) 本協会の法人賛助会員
(5) 本協会からの委託または承認を受けた者

 

【使用承認と管理】

第3条
前条のロゴマークの使用者(以下「使用者」)は、本協会の定める方法により氏名、所在地、連絡先、使用目的等を届出なければならない。
2.本協会は使用者に対しロゴマークの使用状況について報告を求めることができる。
3.ロゴマークの使用について本協会からの承認または委託を受けてもロゴマークに関して本規約に定める以外の権利はない。
4.本協会の信用を毀損させるようなWebサイトや印刷物等に、ロゴマークを掲載してはならない。
5.特定の政治、思想、宗教、募金等の活動の目的に利用してはならない。

 

【運用基準と遵守事項】

第4条
使用者はロゴマークの使用にあたり本規約および本協会のロゴマークの運用の詳細については、別で定めるロゴマーク使用マニュアル(以下「マニュアル」)により使用基準を定め運用し、以下の各号を遵守しなければならない。
(1) 使用者は、マニュアル以外の使用を禁止する。ただし、本協会に対しマニュアル外使用の必要性、具体的使用方法等を報告説明して、その承認を得た場合はこの限りではない。
(2) 他者による本規約に違反する疑いのあるロゴマークの利用を確認した場合は、本協会に通報しなければならない。
(3) 第三者が本協会そのものと誤認するような表現、若しくは本協会があたかも推奨、後援、承認したかのような表現を、許可なく行ってはならない。
(4) 本協会からロゴマークの使用について状況説明の要求や指導がある場合は、速やかに従う。

 

【使用料】

第5条
ロゴマークの使用料は徴収しない。但し、法人賛助会員が使用承認を得る場合はその限りでは無い。

 

【ロゴマークの帰属】

第6条
ロゴマークにかかる一切の権利は本協会に帰属するものであり、ロゴマークの使用により、ロゴマークについて新たな権利を取得することはできない。

 

【使用権の喪失】

第7条
次の各号のいずれか一つに該当する者は、ロゴマークの使用権を喪失する。
(1) 第2条(1)~(4)において、本協会の会員としての身分を失ったとき
(2) 第2条(5)において、ロゴマークの使用を承認された者が、本協会より使用中止の通知を受けたとき
(3) 第2条の使用者が運用基準と遵守事項の義務を怠り、本協会より使用中止の通知を受けたとき

 

【使用権喪失の措置】

第8条
前条によりロゴマークの使用権を喪失した者は、直ちにその使用を中止すること。
2.使用権を喪失した使用者は、その使用を中止したことを本協会に報告する。

 

【不正使用に対する措置】

第9条
本規約およびマニュアルに反したロゴマークの使用が継続されている場合、その他ロゴマークが不正に使用されている場合は、本協会は、使用者に是正勧告をした上で不正使用状態の排除に必要な一切の行為を行うことができる。
2.本協会は、ロゴマークの使用について適当でないと認めたときは、使用者に対して使用方法等について指導を行うほか、事前または事後にロゴマークの使用を差し止めることができる。
3.本協会は、前項のほか使用者が本規約に反したままであるとき、マニュアルに従わないとき、事前または事後にロゴマークの使用を差し止め、合わせて損害が発生したときは損害の填補を求めることができる。

 

【免責】

第10条
本協会は、使用者に対しロゴマークの使用に関して生じる一切の事象について責任を負わない。
2.使用者は、ロゴマークを使用したことに起因または関連して義務または責任を負担した場合でも、本協会に対して一切の責任追及または求償をすることはできない。
3.使用者は、ロゴマークの使用に関連して本協会が第三者から責任の追及を受け、または負担を求められる等の事態を生じたときは、使用者の責任と費用負担で本協会を免責するものとする。

 

【改廃】

第11条
この規約の改廃は、理事会の決議を経て行う。変更後の規約は遅滞なく会員に周知する。

 

以上