HOME > ホームインスペクターの仕事ぶり > ホームインスペクターの仕事ぶり No.4

ホームインスペクターの仕事ぶり

住宅診断(ホームインスペクション)って
何をすること?どんな時に頼むの?
住宅診断とはどういうものなのかご説明します。

ホームインスペクターの仕事ぶりNo.4

認定会員 実務登録者

林 清隆 さん

日頃されているメインのお仕事は何ですか?

設計事務所で主に住宅の設計・監理をやっています。

ホームインスペクションはどのような形態で行われていますか?

株式会社さくら事務所のパートナー(業務委託)契約をしており、そこから依頼を受けてホームインスペクションを行っています。

ホームインスペクターの資格を取る前から建物調査のお仕事をされていましたか?

はい。さくら事務所のパートナーになってホームインスペクションを始めたのは公認ホームインスペクターの資格ができる前の2006年からやっています。

ホームインスペクションを行う際に、協会が提供しているツールで利用されているものはありますか?(レポート、マニュアル、ロゴマークなど)

レポートやチェックリストは会社規定のものがありますので、それに基づいて業務を行っています。

1件あたりいくらくらいで、月に何件程度ホームインスペクションの依頼がありますか(もしくは想定されていますか)。

件数はだいたい10件程度でしょうか?金額は業務内容や建物の大きさによってばらつきがありますが、ホームインスペクションでの収入は平均して月20~30万円くらいかと思います。

今後業務をやっていかれる上で、ご自身で課題としておられることなどはありますか?

なんといっても常日頃のスキルアップですね。これは、もう十分ということはないです。それと、依頼者は購入予定者の方であることが多いのですが、ホームインスペクションの現場では売主さん、仲介業者さんともお話をする機会が多いですので、ホームインスペクションのことをより多くの方に知っていただき、理解していただけるようにつとめています。

HOME > ホームインスペクターの仕事ぶり > ホームインスペクターの仕事ぶり No.4
ページの先頭へ