日本ホームインスペクターズ協会

メニュー

会員専用ページ

日本ホームインスペクターズ協会

会員専用ページ

ホームインスペクターとは
ホームインスペクションを利用したい
ホームインスペクターを検索
ホームインスペクターになりたい
協会について
入会のご案内
お問い合わせ

「欠陥住宅ではないか」

「買ったあと、いつごろ、どこに、いくらくらいのお金がかかるのか」

「あと何年くらいもつのか」

住宅を購入する際に、「ホームインスペクション(住宅診断)」を利用するケースが増えています。

「ホームインスペクション(住宅診断)」とは、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務です。目視により、屋根、外壁、室内、小屋裏、床下、設備などの状態を診断するのが基本です。ホームインスペクター(住宅診断士)は住宅の「かかりつけのお医者さん」です。

アメリカでは州によって異なりますが、取引全体の70~90%の割合でホームインスペクションが行われ、すでに常識となっています。

「日本ホームインスペクターズ協会」は、住宅購入者が安心して住宅を購入できるよう、瑕疵(欠陥)の有無などを診断できる専門家を育成し、住宅流通の透明化・活性化を促すことを目的として2008年に設立されました。

公認ホームインスペクターの資格試験・研修や、消費者への公開、建物知識の普及活動を行なっています。